女性ホルモンと似た働きをするエクオールについてのの3つの話


いま、現代社会に生活している人々のすべてが、体に何らかの問題を抱えているとは言えませんが、これだけ高齢化が進んでくると、やっぱり体のどこかに異変を感じる人も増えてくるものですよね。

これは仕方のないことなのかもしれません。特に更年期の症状は、年を重ねればかなりの確立であらわれてくるものだから。それに近年では高齢者だけじゃなく、比較的に若い人でもこの更年期に悩まされている方も多いのですね。

今注目されているのエクオールという成分

更年期の症状を解消させる手段。どうやらそのあたりに問題が集中しているようです。ですから、今は街の薬局やドラッグストアなどでも、こうした更年期に効果が期待できるというような薬なども販売されておりますね。その種類だけでもかなりの数です。

そして、今大変に注目されてきているのが、エクオールという成分。これが更年期の症状に効果的だと確認されているのですね。

腸内細菌が大豆イソフラボンからエクオールに変換させる

なにも更年期は女性を中心に広がっているものではないのですが、更年期という言葉と女性ホルモンとは、なにかしらつながりみたいなものを感じさせます。エクオールは、実はこの女性ホルモンと似た働きをすることが分かっています。

エクオールは腸から吸収されて、体内で作用します。腸内細菌が大豆イソフラボンからエクオールに変換させるのですね。腸内細菌が活発に動いていれば、エクオールは体内でつくることができるというわけです。

ただ、問題は腸内細胞が活発でないと、エクオールがつくれないということ。これにはやっぱり個人差というものがあるのですね。

サプリメントでエクオールを摂取する

エクオールを体内でつくれる人というのは、たとえば日本人なら約半数。

欧米人はさらに少ないことが分かっています。これはおそらくエクオールの源である大豆の摂取量と関わりがあるのでしょう。日本人は大豆の料理が大好きですからね。

しかし、それでもまだ半数近くの人がエクオールを体内でつくることができない。この問題を解決するには、体外からエクオールを摂取するという方法があります。ようするに、サプリメントで摂るということ。

更年期の症状を改善させる方法には、エクオールサプリという手段もあります。でも、従来のイソフラボンサプリメントではなかなか成果がみられないと言う方や、ホルモン補充療法はちょっと敬遠したいという方にはおすすめのサプリメントなのですね。